FC2ブログ

地鳴き

鳥の鳴声の一つに、地鳴きがあります。
自分が初めて地鳴きと、認識したのは
ウグイスのジジジジ・・・・・の鳴声です。
「地鳴き」でググッてみると、「鳥が出すさえずり以外の鳴声。
さえずりは普通繁殖期に出しますが、地鳴きは一年中
で、目的は居場所の確認、警戒、威嚇や争いの時に
鳴くようです。
今日は初めての鳴声を聞きました。
ピピピピ・・・・と鳴きながら、背後から飛び出した後、遠くの枝に
止まった鳥を撮りました。
・ホトトギス:スマホで「バードリサーチ鳴き声図鑑」でカッコウ目の
カッコウとホトトギスの地鳴きを確認しましたが、どちらも同じような
鳴き声ですが、例のホトトギスの鳴き声が別の場所で聞こえていたので
ホトトギスじゃないかな。
20200629-カッコウ1
20200629-ホトトギス
ホトトギスとカッコウの♀の鳴声でもあるようです。
・ウグイス:見た目幼鳥でしょう。
20200629-ウグイス
・ヤマガラ:幼鳥と成鳥です。
20200629-ヤマガラ幼鳥
20200629-ヤマガラ
・コゲラ
20200629-コゲラ
スポンサーサイト



強風波浪注意報?

くりはま花の国の一部園路が去年の
台風の影響で通行禁止になっていたのだが、
通れるようになっていたようなので、久しぶりに
行きました。
・フェリー:ヤホー(ヤフー)の天気予報だと、強風波浪注意報が出ていましたが
霧が深く、凪状態のままで、蒸し暑かったです。
20200627-フェリー
通行禁止の園路では、良く野鳥を見ていましたが、
今日は特に見ることが出来ませんでした。
・ホオジロ
20200627-ホオジロ
・ウグイス
20200627-ウグイス
・今日のノラ
20200627-ノラ
おまけ
・シオヤアブ:飛び出すときの羽音が大きい昆虫でした。
お尻の白い昆虫で検索してみました。当たっているかな?
20200627-シオヤアブ

今年もあと、半年余りだ。

不要不急の日々を送っている自分なので、
あまりカレンダーを見ていませんが、
鳥カレンダーの来月はどんな鳥なのかなと
カレンダーをめくろうとして気が付いたのですが、
6月も今日を含めて1週間です。
コロナだ!、マスクだ!消毒液だ!と騒いでいる間
に、時は過ぎていたのです。
午後に少し青空が出てきたので、散歩に行きました。
・ツバメ:巣立った幼鳥はまだ、親鳥から餌を貰っているようです。
同じ幼鳥に餌を与えているような・・・・・。
隣りのツバメも必死になってアピールしているが、
中々貰えませんでした。
20200624-ツバメ2
20200624-ツバメ3
20200624-ツバメ4
20200624-ツバメ5
20200624-ツバメ7
20200624-ツバメ8
20200624-ツバメ9
20200624-ツバメ10

話題は年金の話でした。

土日のいつもの池の公園の駐車場は有料
なので、今日は、駐車場は無料の山の公園へ
行くことにしました。
途中でガソリンを入れ、住宅街の公園に立ち寄りました。
・オナガ:他の方々は既に撮られていました。都内の住宅街で良く目にして
いた鳥で、カラスの仲間だそうです。
20200620-オナガ1
20200620-オナガ2
20200620-オナガ3
20200620-オナガ4
山の公園へ行きましたが、特に珍しい鳥に出会いませんでした。
駐車場へ帰る途中で、旧知に20数年ぶりに出会いました。
自宅から徒歩で山の公園経由で、大楠山まで散策するそうです。
話題はやはり年金がすくなすぎるでした。
・ヤマガラ
20200620-ヤマガラ1
20200620-ヤマガラ2
・ヤマユリ
20200620-ヤマユリ
・オカトラノオ:Bingの画像検索で名前が分かりました。
次に見た時には、おそらく、この花の名前は忘れているでしょう。
20200620-オカトラノオ


通帳の記帳

昔、ネットショップの購入用の銀行口座が
残金不足のため、カード会社から督促が
来たことがありました。
そのため、時々、銀行口座の残高確認のため、
通帳の記帳をしています。
車は久里浜みんなの公園の駐車場へ停めて
歩いて、銀行へ行くことにしました。
・カルガモ親子:親ガモのお腹の下に子ガモがいます。
20200618-カルガモ親子
・ゴイサギ
20200618-ゴイサギ
通帳を記帳して気が付いてのですが、給付金が振り込まれていました。
5月8日にWEB申請して6月3日に給付金が振り込まれていました。
振り込まれた事を、メールで知らせてもらえる、ものと思い込み、
会う人に申請はWEBでも紙でも同じだよ、などと言っていました。
考えてみたら、市の担当の方々はWEB申請も紙ベースでチェック
して、膨大な業務量なので、個々にメールで連絡なんてできる訳がないですね。


夏羽なのでしょうか。

昨日見た鳥が、ビンズイなのか再度確認するため
今日も同じ場所へ行きました。
鳴声を録音するレコーダーを、今日は携帯しました。
昨日の場所に到着して1時間程で、昨日と同じ鳥に
出会いました。
昨日はなぜ、ビンズイと同定した理由は
タヒバリは冬鳥なので、タヒバリである訳ないと
勝手に決めつけ、じゃあビンズイだね、と安易に
決めました。
ネット情報を確認しながら、今日撮れた画像で確認すると、
ビンズイは目の後方の白斑が幼鳥も含めあります。
昨日と、今日の鳥を確認すると、白斑は認められません。
タヒバリ:渡り前の夏羽のようです。
20200617-タヒバリ1
20200617-タヒバリ2
20200617-タヒバリ3
・カワラヒワ
20200617-カワラヒワ1
20200617-カワラヒワ2
・ヒバリ
20200617-ヒバリ1
20200617-ヒバリ2
・ネギ坊主
20200617-ネギ坊主
大雑把な自分では、似ている鳥の同定は、苦手です。
ただ間違っていても、特別定額給付金が給付されないことは
ありませんが。

今日に限って・・・・・。

今日は原チャリでウロウロしながら
鳥を撮ることにしました。
走りやすいように、なるべく軽い装備を考え
デジカメにして、最近は良く携帯している鳥の鳴声を
録るレコーダーは、携帯せずに原チャリでうろつきました。
ビンズイ(やや自信なし)修正タヒバリ:比較的大きな鳴声で飛んできました。
この時点では、季節外れのタヒバリかなと思いましたが、自宅に戻り
ネットでタヒバリとビンズイの鳴声を聞きましたが、なんか今日のはビンズイぽい。
鳴き声をレコーダーで録っておけば良かったのですが、今日に限って
持ってきていません。
20200616-ビンズイ1
20200616-ビンズイ2
・ツバメ:幼鳥です。親からの餌を待っていました。
20200616-ツバメ
・コチドリ
20200616-コチドリ
・ヒバリ
20200616-ヒバリ4
20200616-ヒバリ1
20200616-ヒバリ2
20200616-ヒバリ3
・キジ♂:帰り道で、何でもない畑に居ました。
20200616-キジ♂1
20200616-キジ押す
・キジ♀
20200616-キジ♀

小さな公園の方が、見つけやすい。

今日は3カ所の公園を行きました。
いつもの池の公園では鳥達を探せませんでした。
山の公園はホトトギスを探しましたが、遠くの鳴き声だけで
見つけることは出来ませんでした。
・ヤマガラ:駐車場への帰り道で撮りました。
20200615-ヤマガラ
・コジュケイの鳴声
200615_ゴジュケイ
昨日行ったくりはまみんなの公園へいきました。
小さな公園です。
・コゲラ
20200615-コゲラ1
20200615-コゲラ2
20200615-コゲラ3
・カワラヒワ
20200615-カワラヒワ
今日はカルガモ親子に出会いませんでした。
結局、小さな公園の方が、鳥が見つけやすいのかも。

池巡りです。

雨が降っているので、水鳥を撮ることに
しました。
傘を持ちながらの撮影なので、カメラはデジカメに
しました。
まずは、くりはまみんなの公園です。
・アカモズ:池の手前の木にいました。モズだと思いながら撮っていました。
20200614-アカモズ
・カルガモ親子:もはや、この時期の風物詩。
20200614-カルガモ親子
・カワラヒワ
20200614-カワラヒワ
・看板:この公園は、今年の9月以降は使えないようです。
20200614-看板
この後は、芦名堰へ行きました。
暗いため、デジカメでは辛いです。
・ツバメ
20200614-ツバメ
・カワセミ:30分待って漸く来ましたが、直ぐに山の方へ
飛んで行ってしまいました。
20200614-カワセミ
雨が強くなったので、帰ることにしました。

あまり歩き回らないように・・・・・。

今日はいつもの池だけで鳥撮りを
しました。
少し膝が痛いためで、うろうろと歩くのを
止めて、いつもの池に居ました。
ただ池の水面に、細かいゴミが浮いていて
水質も良さそうではありません。
・コシアカツバメ
20200610-コシアカ
20200610-コシアカ2
20200610-コシアカ3
・ツバメ
20200610-ツバメ1
20200610-ツバメ2
20200610-ツバメ3
・アマツバメ
20200610-アマツバメ
・メジロ
20200610-メジロ
・スズメ
20200610-スズメ

ガビガビだ

久しぶりに山の公園へ行きました。
8時前に着いたので、8時30分から開く
公園の駐車場ではなく、コイパーに停めました。
・ガビチョウ:園路を横切ったり、目の前を飛んで来るのは
ガビチョウばかりです。
20200609-ガビチョウ1
20200609-ガビチョウ2
・ガビチョウの鳴声
200609_ガビチョウ
趣味の病院巡りの時間が迫ってきました。
汗だくですが、病院へ行きました。

鳥が見つかりません。

朝7時には、いつもの池の公園へ到着しているが
中々鳥が見つかりません。
もっと早い方が良いのですかね?
起きられませんが。
・ホオジロ(♀)
20200608-ホオジロ
・トビ:最近同じところで出会います。ノラの溜まり場の所です。
20200608-トビ
・ハクセキレイ
20200608-ハクセキレイ
・今日のノラ
20200608-ノラ
・ドラミング:崖の様な傾斜地の林の中から聞こえました。
アオゲラだと思います。
200608_観音崎
明日は他の場所へ行こうかな。

野鳥の声を録ろう

昨日は野鳥の声を録る機材としては
デジカメの動画モードで撮りました。
今日は、ギター演奏の練習用で購入した
レコーダで野鳥の声を録りました。
・野鳥の声:MP3データです。レコーダ本体が樹脂性で、中身に空間が多いのか
持っている手の振動がそのまま録音されてしまい、音声データソフトで
切り取り、編集し、さらに高音成分を持ち上げて、野鳥の声を強調
しています。なので原音の鳴声から、ややずれているかも。
200605_観音崎野鳥
キビタキのようで、写真でも撮れればよいのですが
茂った葉の奥にいるようで、撮ることはできませんでした。
・今日のノラ:ベンチで爆睡しているノラでした。
20200605-ノラ1
20200605-ノラ2
・第一海堡
20200605-第一海保

瞬膜

市の施設、公園等の駐車場は一部
再開しているが、閉鎖している駐車場があり
いつもの池の公園の駐車場は県管理ですが、
市の要請で駐車場の再開が遅れていいました。
多分、一昨日から一部の駐車場が使えるように
なりました。
機械式の駐車場は朝5時から使用できるので
久しぶりに、車で公園へいきました。
ただ鳥が見つけられません。
・トビ
20200604-トビ1
20200604-トビ2
20200604-トビ3
2枚目のトビの目がゾンビ状態になっていますが、鳥に良く観られる
瞬膜です。
Wikipediaから
瞬膜(しゅんまく、英語: Nictitating membrane)とは、まぶたとは別に水平方向に動いて眼球を保護する
透明又は半透明の膜。第三眼瞼(英語: third eyelid)ともいう。
カワセミを撮っているとよく見られます。
・コゲラ
20200604-コゲラ1
20200604-コゲラ2
・今日のノラ
20200604-ノラ
顔見知りの方が、鳥の鳴声を録られていましたので
自分もスマホで録ろうと思ったら、録音アプリが入ってないので、
デジカメの動画で録音した鳥の声をアップします。
キビタキのようです。
200604_観音崎野鳥
音声データはMP3です。
2006_観音崎野鳥をクリックし「ファイルを開く」をクリックすると、
ミュージックソフトで聞くことができます。
スマホだとすぐに聞くことができました。

東京アラート

品川の音楽教室が今月から再開されました。
自分の教室は来週金曜日からです。
状態によっては、休会も考えます。
・シジュウカラ
20200603-シジュウカラ
・スズメ:尻尾を上げているのは楽しいからのようです。
20200603-スズメ1
20200603-スズメ2
・ハチ:特に意味はありません。
20200603-ハチ
ハチを撮った後で、膝が痛くなったので、帰宅することにしました。
帰宅前に、ドラックストアにより、膝用のサポートを購入しましたが、
すでにマスクが普通に売られていました。
以前はタピオカ店等でマスクが売られていたりして
いので、マスクの在庫は問題なさそうです。
自分のマスクは、先月に2種類のポイントでマスク50枚×2を購入し
さらに、安そうなマスクをネットで見つけて、50枚購入しています。
姉たちにマスクを少し分けました。
シャープマスクの抽選は外れたので、別のショップのマスクを抽選で
購入しようとしたが、抽選で外れました。
ただ先月末に、先に抽選から外れたショップから、抽選に当たりましたとメール
が来たので、なんか嬉しくなり購入しました。
そのマスクが昨日届きました。
夏用のマスク2枚も購入し、我が家はマスクだらけ。
ただ、アベノマスクはまだ届いていませんが。

紫陽花の色

このところ、7時前には公園に到着して
散歩をしています。
・木漏れ日:昨日の雨の影響で、湿度が高いため、木漏れ日ができました。
20200602-木漏れ日
公園内の美術館の周りには、アジサイが咲き始めていました。
たしか、アジサイの花(額)の色は、アジサイが育っている土壌の
酸性(アルミニュウムイオン量)、アルカリ性に関わると覚えていました。
酸性は青、アルカリ性は赤と覚えていました。
・クモの巣:雨粒が張り付いいました。
20200602-蜘蛛の巣
・アジサイ:青と赤のアジサイが密接して咲いています。
20200602-アジサイ1
20200602-アジサイ2
20200602-アジサイ3
20200602-アジサイ4
かなりの枚数を撮りましたが、殆どボツ写真でした。
帰宅して、アジサイの色についてググリました。
酸性の土壌でもアルミニュウムイオン量によっては青に
はならないようで、最初青でも時がたつにつれ、赤になるようです。
・ミサゴ
20200602-ミサゴ1
・ホオジロ
20200602-ホオジロ1
20200602-ホオジロ2
・ホオジロ(若)
20200602-ホオジロ若1
20200602-ホオジロ若2
・コシアカツバメ:久しぶりに、いつもの池へ行きました。
デジカメで水飲みを撮ろうと設定をしていましたが、水飲みは
してくれませんでした。
20200602-コシアカツバメ1
20200602-コシアカツバメ2
20200602-コシアカツバメ3
20200602-コシアカツバメ4
20200602-コシアカツバメ5

プロフィール

ドジカメ

Author:ドジカメ
気ままにカメラを持って、撮影しています。
主に野鳥ですが、風景なども撮っています。
花粉症なので、花粉の季節はあまり外には
出たくありません。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR