情報元

越生町山吹の里歴史公園に行ってきました。
山吹の里歴史公園を知ったのは、テレビの気象予報で紹介されたからです。
テレビの気象予報で紹介されて行った所は、
秩父の羊山公園の芝桜、茨城ひたち海浜公園のコキヤ、群馬館林のつつじ
群馬安中ろうばいの郷などです。
テレビで紹介されると、行ってみたくなる景色が放映されます。
今回も良さそうなので行ってみました。
着いてみると、埼玉以外のナンバーの車が結構駐車場に止まっています。
地元のかたがテレビの影響で、今日は観光客が多いとのことです。
情報元は私と同じのようです。
予め言っておきますが、生越町はこの公園以外に色々見所は
あります。
が、今回の公園はコンパパクトと言うより、ミニマムな公園で、
さらに山吹は群生ではなく、散在しています。
頂上までは、ゆっくり行って10分~15分程度。
・公園全景:左上に白い建物のあるところが頂上で、個人住宅です。さらに数棟建っています。
20170424-山吹の里
・階段:一部の傾斜角は30°を超すのではないかと、思われるます。
階段
・山吹:一重山吹
20170424-一重ヤマブキつぼみ
20170424-一重ヤマブキ
・山吹:八重山吹
20170424-八重ヤマブキ
山吹に一重を八重がある情報は、帰りの横横道路の横須賀パーキングエリアで咲いていた山吹の近くに
設置されていた、説明板です。
・ツツジ:公園の途中に咲いていました。
20170424-ツツジ
公園に行くための所要時間は2時間半で、公園の滞在時間は20分。
投資対効果があまりにも悪すぎる。
頂上に着いたときは、期待が大きかっただけに神奈川弁の「うそだべー」と思わず
言ってしまいそうでした。
近くに流れている、越辺川(おっぺがわ)で野鳥を撮りましょう。
駐車場へ行きレンズ交換し、川へ行く途中で、お二人で車で来られたご婦人から、公園の行き方
を聞かれましたので、行き方と、「うそだべー」状態を説明したところ、
お二人は、公園へ行くのを止めてしまいました。
公園へ行くのを止めてしまったので、越生町観光協会からお𠮟りを受けそうなので、
越生町はほかにも見所満載の町ですと、観光協会になり代わり説明しました。
・越辺川の山吹
20170424-越辺川ヤマブキ
・コガモ:いつものカモです。
20170424-4O1A5268.jpg
・オオヨシキリ:メスのようです。
20170424-4O1A5393.jpg





スポンサーサイト

こんなんの撮れましたぁ No1

PC内の古い写真データーの整理をしていたら、色々な野鳥を
撮っていたことに気が付きました。
最近のブログにアップする野鳥はいつも同じようなので、
掟破りの、昔の野鳥の写真をアップしたいと思います。
「昔はこんなにも痩せて可愛かったのよ。ホホホ・・・・」のような
昔の栄光をひけらかせるような写真ではありません。
野鳥がいたら、とりあえず撮っていた時代で、JPFGで保存していました。
カメラは7DでレンズはS社の120-300/2.8 S社の50-500/4.5-6.3で撮っています。
・ヒバリ:レンズ50-500 2014撮影
ヒバリ
・ウソ:レンズ120-300 2013年撮影
ウソ
・キアシシギ:レンズ120-300 2012年撮影
キアシシギ
・カシラダカ:レンズ120-300 2013年撮影
カシラダカ
・カケス:レンズ120-300 2013年撮影
カケス
・チュウシャクシギ:レンズ120-300 2013年撮影
チュウシャクシギ
・チョウゲンボウ:レンズ120-300 2012年撮影
チョウゲンボウ

枚数が多すぎたかな。
「こんなんの撮れましたぁ」シリーズを何回か、
考えていましたが、No2でネタ切れかも。

こっち向け!こっちに向いてください。

仕事の関係で以前、葛西臨海公園駅周辺に行ったことがあり、
会社の先輩が地元だったので、入園料を聞いたら、無料とのことで
いつか、来てみたいと思い、5年経ちました。
やっと、葛西臨海公園の鳥類園エリアに行きました。
鳥類園エリアの入口に、大きめの野鳥が飛んできました。
汚い鳴き声から、オナガと分かり、木に止まったところを撮影しましたが、
顔をこちらに向けてくれない。
こっち向けと、祈りながら撮影しましたが、向くことなく、飛んで行ってしまいました。
・オナガ:
特に珍しい野鳥ではありませんが、三浦半島近辺では見ることがありません。
大和市では市の鳥になっていて、以前の世田谷の職場付近の木にバサバサと
良くオナガが飛んできました。
ただ、私はまだ、撮ったことがありませんでした。
20170419-オナガ1
20170419-オナガ2
20170419-オナガ3
・ホシハジロ(メス)
20170419-ホシハジロメス
・コアオアシシギ:初見の鳥です。
20170419-コアオアシシギ
・カイツブリ
20170419-カイツブリ

カワウの着水を撮っていて、後で画像を確認したら、近くにつがいのハシビロガモが
いましたが、当然ピンボケ。
他の観察者のように、じっくりと観察をしていないためのチョンボです。
今後は気を付けようと思いますが、多分同じ失敗を繰り返すのでしょう。

オフショア

昼食の腹ごなしに、S社18-300レンズを携え、馬堀海岸まで散歩しました。
私が住んでいる三浦半島は、東側に東京湾、西側は相模湾に挟まれ
南に伸びている半島です。
今日は南寄りの強い風が吹いています。
南風だと、東京湾側も相模湾側も海岸線に沿って平行な風(サイドショア)
になるはずですが、東京湾側は地形に凹凸があり、海岸線から海側に吹く風(オフショア)
になる箇所があります。
馬堀海岸です。
相模湾側は、南風でも西側に振れているため、概ね、海岸線に向かう風(オンショア)
になるようです。

・馬堀海岸散歩道:ジョギングや、散歩されている方が多いです。
20170418-馬堀遊歩道
・ヤシの木:オフショアの風になびいています。
20170418-ヤシ
・風波:オフショアだと、波が立ちません。
2017041馬堀海岸
・富士山:強風のおかげで、富士山が見えだしました。
20170418-富士山

・ウミウ:繁殖期に白い羽が生えるそうです。
20170418-ウミウ2
20170418-ウミウ1
・ハクセキレイ
20170418-ハクセキレイ
・ユリカモメ:集団で飛んでいました。
20170418-ユリカモメ
・ユリカモメ成長夏羽:かなりのトリミングのため、荒い画質です。
20170418-ゆりかもめ


パンシロンみたいな名前の花

スギ花粉も終焉を迎えたので、スギ花粉でビビって奥まで入れなかった沢山池に行ってきました。
沢山池について、側溝などの少ない土でも咲いている花を見つけ、昨年この花の名前が分かり
覚えているつもりが、すぐ出てこない。
なんとなく、パンシロンみたいな名前だったような気がするが、結局、思い出さず帰宅して
図鑑で調べました。
・ハルジオン:「ン」しか、当たってなかった。
20170416-ハルジオン
・沢山池:
水から生えている木は、水柳と言うそうです。里山を整備していた方に教えていただきました。
20170416-沢山池
・キンクロハジロ
20170416-キンクロハジロ
池に流れ込んでいる小川に沿って奥まで歩いていきます。
・ウグイス:ホーホケキョ!
20170416-ウグイス
・シジュウカラ
20170416-シジュウカラ
野鳥を探して奥までどんどん進んでいたら、突然堰が現れました。
帰ろっと。
DSC_0001_沢山池堰



プロフィール

ドジカメ

Author:ドジカメ
気ままにカメラを持って、撮影しています。
主に野鳥ですが、風景なども撮っています。
花粉症なので、花粉の季節はあまり外には
出たくありません。

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR